コンクールについて 1

 

コンクール

いろいろなコンクールが世の中、、いや日本にしましょう。いまたくさんありますね。
レベルによって審査は変わってきます。
レベルが低ければ、審査してもほぼ同じ結果になり、レベルが高いと少し割れ、、凄く高いと結構割れる場合もあります。

レベルが高いとしっかり弾けて当たり前、音楽性があって当たり前、、

では何が、例えばその演奏はモーツァルトではないとか、ショパンじゃないとかシューマンじゃないとか、、、?でも本当?、、昔は「ベートーヴェンは歌ってはいけない?で、とにかく正確に弾かなくては、、」と言った審査員がいた。またCDよりテンポが速いと「速すぎんだよ」と最低点をつけられた。でも、、今はもっと速くその曲を弾く。審査員が学んだ古い経験の中にある音楽像?で評価していくとだんだん点の基準があわなくなってくる。

例えばショパン国際コンクールを見ても審査も様々、、ましてや全員審査員が日本人が多いなら結果も違うでしょう。
ショパンコンクールで昔ポゴレリッチの審査に不満を抱き「彼は天才!」と審査をボイコットしたアルゲリッチ、、枯葉は有名なピアニストになりました。
同じコンクールてアシュケナージが2位を不満としてサインをボイコットして帰ったミケランジェロ。アシュケナージも凄いピアニストです。

私は審査が割れ、不本意なことがあるのは、レベルが高いコンクールになれば多くなるということもあります。

私は弟子には、音楽とは評価を超えるものであり、成長し続ける事である。コンクールは自分の挑戦であり、結果は自分へのスパイス。コンクールとは今の自分のレベルで受け続けるのではなく、前のコンクールから、成長した自分をさらに磨くために次のコンクールを受けなくては意味がないと。

コンクールの上にあるのは、
全ての聴き手が満点プラスワンをつけることだから。

 

良いピアノ指導者の見極め方 パート1

人間とは、今いる、今の環境を基準にしていろいろ判断します。今、自分が習っている先生が良いか悪いか、、わからないし、良いピアノのレッスンと思い込んでしまう場合もある
。しかし何かのきっかけなどで、、違うと思う場合もある。

ピアノの指導者とは、相性もありどんなに素晴らしい指導者とでも上手くいかない場合もあります。
では基準を何にするか、、。
例えば

毎回違う事を言うのはおかしい❗️
何故前とレッスンと違う理由を言うなら良いですが、思いつきや、誰かの影響でころころ変えるは最悪

テクニックを(弾き方や音の出し方など)全然説明してくれない❗️
練習すれば上手くなるものではない。正しい練習法を教えてくれる先生。その弾ける様に練習してきて、、ではなくこの様に練習すれば弾けるとレッスンでなおしてくれるのが理想。

音楽教室ではなく、個人の場合、時間以上に見てくれる場合がある❗️
30分とか決められた時間で終わらない場合がありますから、ピアノは上達したらたくさん伝えたいことが出てきます。

コンクールばかりに出すのは疑問❗️
コンクールの課題曲だけでは、上達しません。今の日本はコンクール産業で、、信じられないほどたくさんのコンクールがあり、またその課題曲が沢山の人に参加してもらいたく易しすぎる。正しい力を身につけてないと小学生高学年で、、差がついてしまう。

生徒に見本を見せられない❗️
模倣と言うレッスン方法があります。先生が弾かないとわからない場合もあります。

レッスン中にスマホを使ってる、録音をとらせない、などまだまだありますが、、、。

昔の以上様な先生はいました。
レッスン中に新聞読んでた、食べながらレッスンしていた、怒ってばかりいる、、、など
今はピアノの先生が弾ける様になってレベルがアップしているので、もういないとは思うのですが、、、、。

講座など参加し学んでいる指導者が良いか?
これは難しい問題ですが、弾ける子には知識を与える場合があります。しかしいろいろな講座に参加し、わかった気になってしまう指導者は結構チグハグになってしまう。講座の種類にもよりますが、、。やはり指導者もある程度、弾けなくては知識もなんの役にも立たない。昔と今では解釈も変化しています。
またレベルによって、指導も変わってきます。 つづく。

 

 

 

弟子が少ない理由

私の弟子が少ない理由

ある老舗のお店の先代の大将がカウンター席しか持たなかった。8名。この人数だと全て把握出来る。顔色悪いから味薄め、、とか今日は食欲なさそうとか、、客に気配りを最大にできる人数は限られると、、、。

凄く共感して、それから私は生徒8人に限定してみた。ついでにその8人は優秀ではなく、、難ありにしようと、、。条件は小学生まで、、。(小学生まではくせを直せる?と思ったから)。このやり方なら私のやり甲斐もあるし、上手くなるのは私の指導次第だから、、。

それから、約30年近くそれを守ってきた。
今も弟子は8人、、何故か男の子が多い。
それ以外の生徒もいます(単発やワンレッスン制のは生徒)

今は最初からはどんな子でも受け入れますが、途中からは音楽性のある子にしています。
音楽性が小学生までになければ(潜在している場合もあるが)将来厳しいかな、、。