2018年度黒河メソッド研究会会員募集

2018 年度から黒河メソッドは基本的に動画配信になり、日本全国どこにいても参加できる事になりました。
【黒河メソッドとは】
ヨーロッパの基本テクニックを基盤として、
弾ける子を育てる目的の黒河メソッドは無理なく動く指、筋力を上手く使い身体を痛めないテクニックだけではなく、
響く音、音色などの音楽のテクニックを日本人の特徴も視野にいれ理論的に身につけるメソッドです。
現在全国にこのメソッドを学ぶ400 人近い会員がいますが、参加希望も多い為に2018 年から全国どこにいても黒河
メソッドを学べるように動画配信にすることにしました。年5 回の動画配信を予定しています。また旭川、札幌、仙
台、東京近郊、沼津、名古屋、大阪近郊、京都、姫路、博多、諫早、熊本において会員限定の研究会、セミナーも(年
1 回から3 回)予定しています。

【募集】
2018 年度黒河メソッド会員の募集は2017 年12 月15 日より開始します。
新規の方は下記にご連絡ください。現在会員の方は会員LINE にお申し込み下さい。
(親子での参加の場合はお知らせ下さい)

【会費】
入会金の徴収はなし。
年会費として1 人につき3,000 円を徴収する。
黒河メソッド会員は年間5 回の動画受講(22,000 円)を義務とする。
会員A 動画配信
年会費3,000 円+動画Web 配信22,000 円=25,000 円一括払いになります。
会員B DVD 配送
年会費3,000 円+DVD 配信(配送料込)27,000 円=30,000 円一括払いになります。
動画かDVD かは途中変更は出来ません。振込方法、振込先は申し込みの際にお知らせいたします。
また途中退会の場合の返金はいかなる場合も不可とします。動画は専用のアドレスに配布します。
研究会会員のセミナーはホームページやラインに告知するが、会員しか参加できません。
研究会セミナーは基本どこの地区に参加してもかまいません。受講料は当日徴収します。
また黒河メソッド会員特典としてピアノメソッドから出版された楽譜などの割引販売を定期的に行う他、今後一般流
通しない特別に作った楽譜の販売など研究会会員のみに行っていきます。

ピアノの先生 パート1

ピアノの先生

若い頃(30代後半)偉い?先生についている生徒を影で教えていたことが、以外とたくさんありました。闇の駆け込み寺?
この場合は楽譜を2冊もち、絶対私がレッスンしていることはバラさない。でも生徒が上達したらその先生が上手くしたことになりますよね。実は声楽の先生で素晴らしい実力があるのに、、私の様なことをしていて、頑張ろう!と若い時に誓ったことあります。(詳しく言えば私が「5年待って❗️先生は絶対ビックになる❗️と言った」よう、でその5年後、凄い先生になりました)あの時先生に言われた、、と会うたび言われます。

2人の先生につく、、この場合は、生徒が2つの事を注意されることになります。ある時は真逆。ソロモンの裁判みたく1人を2人の先生が引っ張ることになるわけです。理想は生徒が裁判に持っていかない様にうまく立ち回ってくれると良いのですが、裁判になることもあります。相手が強烈に引っ張れば離さなくてはいけません。1番タチが悪のは、辞めたくても、やめられない立場にいる時です。ピアノは習い事ですが、専門に行った場合、例えば学校(学校を辞めた生徒もいました)今は先生を変えることが出来るようになってきていますが、全ての学校がそうではないと思います。
学校でない場合は相手の先生が手を離すか、生徒が自ら相手の手を振り払うか、私が離すか、しかないですね。私は生徒が迷った場合は、すぐ手を離そうと決めています。でまた戻れば、受け入れる。今までいろいろなケースを経験しましたが、生徒が上手くなれば、それがベストだと思います。流れに逆らず、よきにはからえ、去る者追わずですね。
ネットで連絡がとれるようになっている現在、随分前になりますが、「先生のところお月謝踏み倒して、無断で辞めて、、いつも心残りで、、すみませんでした、、」とメールあったことがありましたが、私は踏み倒した?は忘れていました。私は負の感情は持たない事にしているし、どんな場合でも、相手だけではなく、こちらにも自分で気がつかない原因があるかもしれませんから。相手の立場にたって考えなくてはいけないと思います。
私の母の言葉に
「やってやった❗️ではなく、、やってあげたかった❗️で生きなさい。」
私の大切な言葉のひとつです。

 

コンクールについて 1

 

コンクール

いろいろなコンクールが世の中、、いや日本にしましょう。いまたくさんありますね。
レベルによって審査は変わってきます。
レベルが低ければ、審査してもほぼ同じ結果になり、レベルが高いと少し割れ、、凄く高いと結構割れる場合もあります。

レベルが高いとしっかり弾けて当たり前、音楽性があって当たり前、、

では何が、例えばその演奏はモーツァルトではないとか、ショパンじゃないとかシューマンじゃないとか、、、?でも本当?、、昔は「ベートーヴェンは歌ってはいけない?で、とにかく正確に弾かなくては、、」と言った審査員がいた。またCDよりテンポが速いと「速すぎんだよ」と最低点をつけられた。でも、、今はもっと速くその曲を弾く。審査員が学んだ古い経験の中にある音楽像?で評価していくとだんだん点の基準があわなくなってくる。

例えばショパン国際コンクールを見ても審査も様々、、ましてや全員審査員が日本人が多いなら結果も違うでしょう。
ショパンコンクールで昔ポゴレリッチの審査に不満を抱き「彼は天才!」と審査をボイコットしたアルゲリッチ、、枯葉は有名なピアニストになりました。
同じコンクールてアシュケナージが2位を不満としてサインをボイコットして帰ったミケランジェロ。アシュケナージも凄いピアニストです。

私は審査が割れ、不本意なことがあるのは、レベルが高いコンクールになれば多くなるということもあります。

私は弟子には、音楽とは評価を超えるものであり、成長し続ける事である。コンクールは自分の挑戦であり、結果は自分へのスパイス。コンクールとは今の自分のレベルで受け続けるのではなく、前のコンクールから、成長した自分をさらに磨くために次のコンクールを受けなくては意味がないと。

コンクールの上にあるのは、
全ての聴き手が満点プラスワンをつけることだから。

 

良いピアノ指導者の見極め方 パート1

人間とは、今いる、今の環境を基準にしていろいろ判断します。今、自分が習っている先生が良いか悪いか、、わからないし、良いピアノのレッスンと思い込んでしまう場合もある
。しかし何かのきっかけなどで、、違うと思う場合もある。

ピアノの指導者とは、相性もありどんなに素晴らしい指導者とでも上手くいかない場合もあります。
では基準を何にするか、、。
例えば

毎回違う事を言うのはおかしい❗️
何故前とレッスンと違う理由を言うなら良いですが、思いつきや、誰かの影響でころころ変えるは最悪

テクニックを(弾き方や音の出し方など)全然説明してくれない❗️
練習すれば上手くなるものではない。正しい練習法を教えてくれる先生。その弾ける様に練習してきて、、ではなくこの様に練習すれば弾けるとレッスンでなおしてくれるのが理想。

音楽教室ではなく、個人の場合、時間以上に見てくれる場合がある❗️
30分とか決められた時間で終わらない場合がありますから、ピアノは上達したらたくさん伝えたいことが出てきます。

コンクールばかりに出すのは疑問❗️
コンクールの課題曲だけでは、上達しません。今の日本はコンクール産業で、、信じられないほどたくさんのコンクールがあり、またその課題曲が沢山の人に参加してもらいたく易しすぎる。正しい力を身につけてないと小学生高学年で、、差がついてしまう。

生徒に見本を見せられない❗️
模倣と言うレッスン方法があります。先生が弾かないとわからない場合もあります。

レッスン中にスマホを使ってる、録音をとらせない、などまだまだありますが、、、。

昔の以上様な先生はいました。
レッスン中に新聞読んでた、食べながらレッスンしていた、怒ってばかりいる、、、など
今はピアノの先生が弾ける様になってレベルがアップしているので、もういないとは思うのですが、、、、。

講座など参加し学んでいる指導者が良いか?
これは難しい問題ですが、弾ける子には知識を与える場合があります。しかしいろいろな講座に参加し、わかった気になってしまう指導者は結構チグハグになってしまう。講座の種類にもよりますが、、。やはり指導者もある程度、弾けなくては知識もなんの役にも立たない。昔と今では解釈も変化しています。
またレベルによって、指導も変わってきます。 つづく。

 

 

 

弟子が少ない理由

私の弟子が少ない理由

ある老舗のお店の先代の大将がカウンター席しか持たなかった。8名。この人数だと全て把握出来る。顔色悪いから味薄め、、とか今日は食欲なさそうとか、、客に気配りを最大にできる人数は限られると、、、。

凄く共感して、それから私は生徒8人に限定してみた。ついでにその8人は優秀ではなく、、難ありにしようと、、。条件は小学生まで、、。(小学生まではくせを直せる?と思ったから)。このやり方なら私のやり甲斐もあるし、上手くなるのは私の指導次第だから、、。

それから、約30年近くそれを守ってきた。
今も弟子は8人、、何故か男の子が多い。
それ以外の生徒もいます(単発やワンレッスン制のは生徒)

今は最初からはどんな子でも受け入れますが、途中からは音楽性のある子にしています。
音楽性が小学生までになければ(潜在している場合もあるが)将来厳しいかな、、。

ピアノを辞める時期

大体小2.小5あたりがピアノ弾きたくないと思うなが多い時期になりますね。
2年生くらいまでが辞めたいと言っても、上手くやれば辞めない。(なにがきっかけになるかは、その子の性格や環境や諸々あるからこれとは言えません)。私の場合は辞めたいより、「ピアノ嫌い❗️」と2年生で初めて反抗して窓から庭の雪山に捨てられました。(笑)私のその後は親による恐怖支配?でしたね。しかし両親はピアノだけに厳しいけど、他は優しかった。私は6年生でも先生が嫌になり辞めているから、、。皆んなが通る道全てやっているかも、知れない。
辞めても、構わないけど、また後で取り戻すのは本当に大変でしたね。

小学生まで凄く上手くても、辞めて、、高校生でまたやりたくなってきても、、、上手くはならないのが殆ど、、せめて身体が大人になるくらいまでやっていないと、、、辛いです。
辞めたい時、やる気ない時、やらせる方法は人によって違うから、、また難しいね。
音楽性は歳と共に分かるし、感性も磨ける場合が多い、、でもそれを表現するテクニックは17歳くらいまで、、、かな?もちろん感性だって飛び抜けたベースを持っていないといけないけど、、、とにかく基本的テクニックが大事。

日本では、ピアニストは、弾ける方は、曲の解釈ばかり、、それを聞いても弾いた気?教えられる気?になる?先生方、でも、、まずはテクニックだと思う。
弾ける人が解釈は大事だけどね。ちょっと違う、、わかった気になっているのは危険。

弾ける方は解釈?弾けない人はまずは弾けること、、。

テクニックは15歳までにベースがないと、、
私はキツイと思うね。
だから15歳までは辞めずに頑張って欲しい。

 

ピアノを教えるとは

ピアノは練習して出来た!と思っても次の日が弾けているわけではない。
弾けたから終わりでなく、身につけていく時間が必要なのです。

若いうちは本当の意味で弾けているわけではないのです。基本的に音楽とはその人そのものですね、、、。

その年代でやるべき事も重要です。

ピアノはヴァイオリンの様に自分の身体と楽器のバランスが良いわけではない。その理由は書籍に書いていますが、大人の楽器でこどもが弾くのは理由があり一口に言えば筋力を鍛えるためです。何せ88鍵あるピアノ、で音域が広い、などなど。

やはり基本テクニックが重要ですね。
もちろん感性も重要ですが、その感性を表現するテクニックが欲しいわけです。テクニックとは指が回るだけではありません。音色もテクニックです。

それやこれやなどで、こどもの頃は時々弾きたくなくなる場合、練習することが嫌になることもあると思います。

もちろんこどもの性格にもよりますが、やはり先生の一貫した姿勢と親のフォローが必要になります。怒ってばかりではなく、また優しいばかりではなく、、難しいですね。私もそうされてきたのですね、、俗に言う飴と鞭。
今では母に感謝感謝です。でも恐ろしかった。

先生が弾けなくても、弾ける子の指導は出来るかもしれない、イメージをいっただけで弾ける子はね?それが出来ない子の場合、やはり見本❓、違いを弾いて見せなくては、、、特に身体が出来る15歳くらいまで? そう私は、、思っています。
昔あるドイツのピアニストに自分が弾けるレベルしか、、ピアノの指導出来ない。良い指導者になりたければしっかり弾けるピアニストになりなさいと。 まあそれだけでは、こどもに教えてられないとは思いますが一理あります。
だから、私も更に上手くならなくては、、。

 

 

ピアノを弾きたくない時期には パート1

4歳からピアノを始めて、、今もずっと関わっているピアノ。まあピアノは人でないけれど凄い長い友である。
しかしその友とも、決裂する場合も、、俗に言う学校「ウザイ」で疎遠になる場合もあった。

私の場合は「あなたがピアノを習う理由」でも書いたが、先生と合わなくなったから、、中学受験で2カ月お休みを機にやめた。
嫌になっても、嫌嫌通っていたけど、、やる気も無くしていたけど、、あるきっかけ、、おやすみと言うきっかけで私が親に強く出た。
大変有名でお月謝も高かったから、親も揺れた?で約1年半、、、。

まあピアノをまた始めたけど、いつも「貴方みたいにやめても上手くなった人はいない」と言われた。
皆さんやめても頑張れば良い?違います❗️。

私はクラシック音楽が大好きだった。特にオーケストラ、、練習しないでいつも聴いていたいし、良く取り上げられていた。まあ、、今の子が漫画やゲームを取り上げられるように、、。
ただ聴いているのではなく、最初はイメージトレーニングみたいだったけど、スコアみたり、楽器を弾く真似したり、、、だからピアノを辞めてすぐヴァイオリンを習った❗️(笑)
私はピアノよりヴァイオリンが好きだった(オーケストラにはあまりピアノが出てこない)。

私の場合ピアノを辞めた時期に中学校のオーケストラ部に入りヴァイオリンを弾き、演奏会にも沢山出たし、、、いつも音楽と共にいたし、ピアノを弾いている時の何倍も音楽の基本である楽器の集まり?のオーケストラで沢山の今のベースをもらったと思う。

だから、、ピアノを弾くのは辞めたけど、ピアノ(音楽)は辞めていなかった。

今の子はクラシックを聴かない、、、。私の弟子には幼い時から聴くように言っているが、、最初は親が与えたとしても、、自発的てないとね、、、。最近聴いていないようですとか、言う親。良く聴いていますと言う親。
聴いていれば良いのではなく、好きでいて欲しい。好きなら、この作曲家の他の曲を聴きたいとか、、いつも口ずさんでいるとか、、、。

聴いていれば、親が安心?ピアノも音が出ていれば安心?、、、、少し違うような、、。

クラシック音楽とは、、ピアノの音色のベースは気持ちではなく、、楽器の音色、、。

  1. 続きはまた。

音楽性

  1. 最近思うこと。

結構感性のある子がいる。しかし感性で表現すること、、これには危険も伴う。

昔感性豊かな子がいて、面白い良うに模倣もでき、、将来期待したことがあった。

でも模倣出来ない、もっと完成度のたかい、表現や音色などなど、、出来ない、、、。

音楽性があると周りに言われても、、それは高校生くらいまでで、、そこから抜けない。

やはりピアノを弾くという基本、そしてその基本がやはり必要なのです。

基本とは全てを生み出す器みたいなもの。そして基本は全て説明ができるのです。

どんなに家が素晴らしくても、土台が家の基礎工事がいい加減だと、ながくは持たないし、、台風や何かあれば家は崩れてしまいます。

感性を高めつつ、同時に基本を学ぶ、、、

やはりこれが大切。

ピアノを習う時にはよい指導者につくのはこの意味が大きいのです。

基本ばかりをやるのではなく、音楽性を高める為に何をするか、、、。

これは、、、いつかまた

今日はステップ

今、諫早でステップです。原田楽器さんとのご縁で諫早に黒河メソッド研究会があります。全国に18カ所くらいある研究会をこなしてまた新刊や依頼されたセミナーをあわせると年間270回にもなります。毎日移動とセミナー、目が覚めたらいつも何処のホテル?と思う。最近は自宅で目覚めてもホテルと思ってしまいます。今月も来週1日だけ帰りまた移動、、。現在、新刊の書き下ろしもありまた、移動中にレッスンも沢山入っているけど、唯一の楽しみは生徒が上手くなっていることや、自分の生徒のレッスンが楽しいのと、音楽の話ができる人とのお話会(食事)かしら。明日は沖縄に移動です。