風邪

札幌は寒くついにストーブ(暖房)をつけました。
そして風邪をひいてしまいました。(2〜3日前からツイッターでつぶやいています)
今日はクシャミと頭が痛い!
秋風邪は体の自然な反抗期?といって春風邪や夏風邪より良いようですが・・・・。
私のMacは私に元気を与えてくれます。
これでブログも数が増えそうですよ!皆さんお楽しみに。
メールに関したはいま、いろいろ処理中ですのでお待ちください。
今日は2歳2ヶ月の生徒が初めてのレッスン!いいですね〜〜〜!
言った通りにやろうとするのが凄い!
どうもDVDの私をみてすでに、その気のなっているのがいいです。
可愛いです。
私も楽しみが増えました!

パソコンまた壊しました

一昨日の夜・・・・。
パソコンの手前の方に一口のワインをこぼしてしまった。
直ぐに拭いたのに・・・・・画像が消えた。
電話で聞くと修理に10万円、データーとるのも10万円・・・。
新しくパソコン買った方がいい・・・・・。
で、いろいろ考えたあげく「mac」今日買ってきました。(風邪気味なのに・・・・)
薄くて、いいです!
指での反応なので・・最高です。
2本指。1本指、4本指?
タッチを変えながら・・ピアノを弾いているようで・・嬉しいです。
これで頑張って仕事します。

愛読書

私の愛読書は 宮本武蔵の「五輪の書」
ジョゼフ・キャンベルの「神話の力」「神話のイメージ」
ウオールデンの「森の生活」 が私のベスト3です。
今日は宮本武蔵の五輪の書について書きます。
私の好きだった「ブルース・リー」の愛読書で、私も読み始めました。
最初は何度読んでもよくわからず・・。何年も何度も読むうち
少し理解できるようになりました。
これは武士道について書いてあるのですが私にとって
ピアノと人生に通じるものがあります。
地の書、水の書、火の書、風の書、空の書からなり宮本武蔵の経験が書かれています。
めちゃめちゃ簡単に言うと・・・・。
「地の書」は自分を勝利導くための基本。
万事に備えること・・ピアノにもあてはまりますね。十分に練習して、よく考えること。
いろいろな教え・・例えば9つの教えとか書かれています。
「水の書」は、水は形自由でも中身は変わらない。心を水のようにする。
日常でも戦場(コンクールなどかな?)でも心構えは常に同じで物事に動じない心。
「火の書」は 火は小さくても大きくても激しい勢いを持つ。
戦場で命をかけて戦うのは炎であり、その中でシビアに現状をみる力。
動揺しない心。
「風の書」他人を知って自分を知る。少しのヒントも自分の為にしていく。
「空の書」空とは形がなく見るもの。
空は何もないことだが、そのものがあることを知ってそのものがないことを知る。
自分の心に曇りがない状態。その為に自分をきたえてから自分の心を空にする。
もっといろいろなことが書かれていますが、1ことで言うとこんな感じです。
難しい日本語?で書かれているので多少意味が違うかもしれませんが・・・。
でも武士道もピアノ道?もなんか似てるな~と思いますね。

9月22日に発売

「あなたがピアノを続けるべき11の理由 」[単行本]
             価格1365円
9月22日に発売になります。
今回はインタビュー形式で音楽ライターの飯田さんに書いていただきました。
皆さんのいろいろなお話を重複しないようにまとめていくのは
大変な作業だったと思います。
私はまだ他の方々の文章は見たおりませんが
きっと皆さん言い方や切り口が違っていますけれど、おなじ意見であると思います。
このような本が少しでも何かを続けるきっかけになると良いと思っております。
以下は本の中身です
さまざまなかたちで、ピアノとすてきな関係を続けている11人に訊く、
「音楽を一生愛する方法」
著者は飯田有抄さんです。(音楽ライター/翻訳家)
◎ジェーン・バスティン(ピアノ指導者)
「ピアノが弾ける」ということは、自分が特別な存在であると確信できること。
◎黒河好子(ピアニスト)
自分が下手だと思うのは、いいものを聴き取る耳ができた証拠。
◎柳家花緑(落語家)
どんなに下手でも、好きなら続けるべき。人はゆっくり変化していくものだから。
◎小原孝(ピアニスト)
ピアノを弾く上でのハンデが、僕をピアニストにしてくれた。
◎金子一朗(数学科教諭・ピアニスト)
認識を変えれば、練習時間やテクニックの問題は解決できる。
◎土屋賢二(哲学者)
小さい頃から続けている人は、「神様」になれる。
◎ルイ・レーリンク(ピアニスト)
ピアノは、言葉にならない感情を、年齢も国籍も越えて人に伝えられる。
◎黒田亜樹(ピアニスト)
音楽は、語学よりも有効なコミュニケーションツールになる。
◎秦万里子(音楽家)
何事も、挫折していけないことなどない。ピアノはいつやめてもいいし、いつ戻ってもいい。
◎古屋晋一(音楽演奏科学者)
自分の夢とピアノは、かけ算することができる。
◎林達也(作曲家・ピアニスト)
ピアノは生活の中にある文化。競争に勝ち、効率よく訓練することが目的ではない。

ダイエット

私事ですが・・・。
ダイエット2週間目・・。少し、しまった気がします。
この4年で10キロ太ってしまい・・服が・・・。
前が痩せすぎていたために少し太ろうとしたら~あらあらあら・・・。
来年までに頑張って5キロ落とします・・・。
私のダイエット法は朝フルコースなみにしっかり食べて
昼(2時か3時でないとお腹空きませんが)バナナとか
炭水化物以外を少し食べて夜はほとんどおつまみ程度。
だから朝お腹空きます。(笑)
後はピアノの練習があれば、痩せます!
ピアノの練習では筋力の使い方に少し工夫がありますが・・内緒。
無理なく痩せます。
食べ物を我慢しないので、楽ですよ。
食べるのが朝なだけで。
それと食べるときは冷たいものを一緒にとらないことです。