カテゴリー別アーカイブ: 未分類

あわただしい日々

忙しい日々に・・・。
忙しい時に限って・・ついつい仕事を作ってしまう・・・。
来月号のピアノの本にも載ります。
来月号の月間ショパンの原稿・・今書いてます。
4月27日のつくばYM
での講座で受講者、全員に新たに作成したDVDをもれなく差し上げます!!!
絶対得ですので、参加して下さいね!!!
今回「つくばYM」でのみ差し上げるのであって他はありません!!
今年10月と来年1月に・・凄い本・・出す・・予感・・・出します・・・!
皆さん楽しみにして下さいね。
それで今・・頑張ってます!
ストレス解消は実は料理!!
私の料理の隠れファン・・以外と多いのです。
すべて創作!!
ブログに載せてという声が結構多いのですが・・・考え中です。

全日本学生コンクール全国大会を審査して

全日本毎日学生コンクール全国大会を審査して
この2日間皆さんの演奏を楽しませて頂きました。
1日目は午後から高校生部門でした。
高校生はもう演奏する曲は大学生、いや時間制限はあるものの大人の演奏する曲と変わらなくなっています。
演奏テクニック(技術)も皆さん素晴らしいものを持っていました。
後は音楽的なテクニックでやはり差がついたように思います。
それと全部門に言えますが選曲も大切ですね。
テクニックがいくら達者でもまだ高校生、、。内面的に高度な精神を
要求される曲はなかなか難しいと評価される可能性がありますね。
作曲家の意図、楽譜に書かれた見えない音楽を考えて弾かなくては
クラシックではなくなってしまいます。
その中で、個性を出していかなくてはいけません。
難しい問題ですが、これだけ技術力がアップしてきているので
自分の感じるままに弾く・・・これでは「才能のある子だ!」と思っても
点を出せない・・そんな気がいたします。
●音色、構成力、フレーズなど全てがバランスよく
完成されなくてはいけないと思いました。
次の日の小学生部門
ここでは選曲も多少あるとは思いますが、テクニック派か音楽性派
のどちらにまだ偏っている子が多い気がいたしました。
それぞれの力を発揮出来る選曲が多く良いと思いました。
ただこれからはバランスよく成長してもらいたいですね。
皆さん可能性があり点がつけにくかったです。
●まず音色、音と音の間の意味があるかが大切だと思いましたね。
中学生部門
何故かリストが多かったです。
曲もまるで高校生部門のようですね。
先ほどにもあったようにこのクラスになると構成力、作品の意味も
大変重要になってきます。ただ上手く弾くだけでは駄目になってきます。
今回リストで弦を切ってしまい、急遽、休憩をとりました。
とっさの判断で張り替えを判断した渡辺先生には感服です。
やはり、完成度のあった方が良い結果になったと思います。
●フレーズとフレーズの音楽、色彩感があると良いと思いました。
全体的にみて
重音の音楽的テクニックが無いと思います。
重音にも幅広い音色があります。皆さん単音ばかりに気が言っている気がしました。
派手な曲を弾くと良いのではなく、派手な曲を上手く自分の演奏にしてという事です。やはり自分にあった曲、ある程度年齢にあった曲、で選曲してほしいですね。テクニックがあってもより音楽の方が感じられる演奏をしてもらいたいですね。このコンクールの良いところは毎年あるという事です。
4年に1度なら・・・待たなくては行けません。
同じ部門、3回チャレンジ出来ます。ですから自分の可能性や、失敗を克服するため、目標としてほしいですね。
それぞれの先生の評価は一部ですが新聞に発表されます。
私も辛い点を付ける方ですので・・よろしく(笑)
このコンクールは終わった後、先生方にコメントを個別に聞けます。
先生たちが2つの椅子の片方に座り、聞きたい先生の横に座って、、お見合いパーティみたいです。(笑)
私は今回の演奏よりも今後勉強してほしいテクニックや練習の仕方を話すようにしています。私も経験ありますが、出来ない事はわかる、どうすれば良いのか?! 若いときに悩みました。だからこそ具体的にこうすれば良くなる!そんな事を話すようにしています。はっきり言います。おだてたりしません。
書いているメモも見せたりします。上手くなってほしいからです。
皆さんこれからですもの。おかげで気がついたら先生方はいなく後片付けのなか話していました・・・・。私の話を聞いた皆さんが上手くなってくれる事を
心から望みます。

パソコンまた壊しました

一昨日の夜・・・・。
パソコンの手前の方に一口のワインをこぼしてしまった。
直ぐに拭いたのに・・・・・画像が消えた。
電話で聞くと修理に10万円、データーとるのも10万円・・・。
新しくパソコン買った方がいい・・・・・。
で、いろいろ考えたあげく「mac」今日買ってきました。(風邪気味なのに・・・・)
薄くて、いいです!
指での反応なので・・最高です。
2本指。1本指、4本指?
タッチを変えながら・・ピアノを弾いているようで・・嬉しいです。
これで頑張って仕事します。

凄い講座のお知らせ

凄い講座のお知らせ
11月18日に大阪で、指揮者の末廣誠氏を
ゲストに迎えて講座を致します。
私は昔から音を出さない音楽家・・作曲者、指揮者から多くを
学んできました。私のブログでは個人名を出さないようにしていますので
書けませんが・・有名な作曲家、指揮者、何人かとも親しくさせていただいています。
今回はその一人である末廣氏をゲスト・・・私がゲストになりそうですが・・・
ピアノニストのためになる、いろいろなことを討論(?)していこうと思っています。
今回はバッハ、モーツアルト、ベートーベンを中心に、
それぞれの弾き方、考え方、構成、そして違いなどを中心に話していきたいと思います。
使う教材の曲例は、バッハ イタリア協奏曲、モーッアルト、幻想ソナタ、
ベートーベン ソナタ8番、14番、を予定しています。
今回の企画は前から考えていたのですが、なかなか時間が合わず、やっと実現
した、貴重な講座ですので、是非みなさんお誘いの上参加してくださいね。
今のところ、大阪だけの企画ですので、わざわざ遠方からも
参加してくださる方もいらっしゃいます。❤
希望としては、ロマン派、近現代もやっていきたいと思っています。
先生たちがテクニック以外も、なにをどのように生徒に伝えていくか・・・
そのノウハウがこれからは求められると思います。
実際どのような展開になるか私も楽しみにしています。
音楽トーク講座・・・2010年11月18日(木) 10:30~13:00
《会場》
千里ヤマハホール(千里ライフサイエンスセンタービル20F/北大阪急行「千里中央駅」
《お申込み・お問合せ先》
ヤマハ千里ピアノサロン
〒560-0082 豊中市新千里東町1-3-144
TEL:06-6831-6945  FAX:06-6871-4762